PR

SystemCの基本言語部分が2005年12月に「IEEE Std. 1666」として標準化された後も拡張言語仕様の策定が複数進められてきた。そのうち最も進んでいるのはTLM(transaction level modeling)拡張である。2度のドラフト版リリースの後,2008年6月にTLM 2.0正式版が登場し,IEEEでの標準化に王手をかけた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料