PR

 日立ツールは,焼き入れ材のめねじを安定して加工できる超硬タップ2種類を発売した(図)。一般に,めねじの加工にはハイス製のタップを使うため,焼き入れ材のタッピングが難しい。超硬製タップを使用する場合には,折損や刃欠けを防ぐために焼き入れ前に加工する必要があった。新製品を使えば焼き入れ後に加工できるので,金型や部品の製造サイクルタイムを短縮できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料