PR

アイピーフレックスは同社のダイナミック・リコンフィギュラブル(動的再構成)LSI「DAPDNA-IMX」が,東芝テックのカラー複合機に画像処理プロセサとして採用されたと発表した。具体的には,東芝テックが2008年にそれぞれ発売した「e-STUDIO6530C」シリーズおよび「e-STUDIO4520C」シリーズに採用され,量産出荷している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料