PR

 日立プラントテクノロジーは2009年1月6日,生産設備の空気源やアミューズメント・パーク施設の駆動源などに使用できるオイルフリー・スクリュ圧縮機シリーズ「AIRZEUS SDS-U」(図1)を開発,販売を開始した。同シリーズの特徴は,従来機と比べて約5万6000kWh/年(280kWクラスの場合)の消費電力を削減できる点。「業界最高レベル」(同社)という同シリーズの省エネルギ性能のカギを握るのが,高効率を実現する新型エアブロック(図2)だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料