PR

 米Atheros Communications,Inc.は,同社のEthernet関連ICの出荷数が5000万個を超えたことを発表した(ホームページ)。Atheros社のGビットおよび100Mビット/秒のEthernet用ICの製品シリーズ「ETHOS」の累計出荷数である。パソコンなどへの採用の増加によって実現したという。

Atheros社は同時に,GビットEthernet用の新型チップ「AR8131M」と,100Mビット/秒のEthernet用IC「AR8132M」を発表した。エネルギー利用効率を高めて機器の低消費電力化を実現するための「Automatic Power Savings(APS)」といった機能に対応する。いずれも48端子で6mm角のQFNに封止する。このほかGビット対応のスイッチIC「AR8316」の量産出荷も発表している。