PR

 マツダは2009年1月8日,自動車の排ガス触媒に使う貴金属量を大幅に削減することに成功し,2009年に発売する新型車で実用化すると,発表した(Tech-On!関連記事)。排ガスの浄化性と高い耐久性を同時に実現できるシングルナノ触媒を採用することで,貴金属使用量を従来比約70%削減できる。この結果,貴金属使用量を,0.55g/Lから0.15g/Lに減らせる。2009年に発売する新型「アクセラ」(海外では「Mazda3」として販売)に採用する。同車の排ガス性能は「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料