PR
図1 「Watch Phone」。搭載する液晶パネルに音声通話時(左)と音楽視聴時(右)の画面を表示していた
図1 「Watch Phone」。搭載する液晶パネルに音声通話時(左)と音楽視聴時(右)の画面を表示していた
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国LG Electronics Inc.は,腕時計型の携帯電話機を開発し,米国ラスベガスで開催中の「2009 International CES」に出展した(図1,図2)。開発品を同社は「Watch Phone」と呼ぶ。「(映画『007』の主人公である)James Bondの気持ちが味わえる端末」(同社の説明員)とする。搭載する機能は限定的であり,音声通話機能と音楽視聴機能のみである。発売時期は,「2010年以降」(同)とした。

 同社は腕時計型の携帯電話機として,「PRADA Phone by LG」も合わせて展示している(図3)。2008年11月に発表された,スライド式のQWERTYキーボードを搭載する「LG-KF900」と,そのオプション品である「PRADA Link(LG-LBA-T950)」である( Tech-On!の関連記事)。PRADA Link は,Bluetoothを搭載しており,着信時などにLG-KF900と通信できる。

図2 カラー・バリエーションは6種類
図2 カラー・バリエーションは6種類
[画像のクリックで拡大表示]
図3 「LG-KF900」と「PRADA Link(LG-LBA-T950)」
図3 「LG-KF900」と「PRADA Link(LG-LBA-T950)」
[画像のクリックで拡大表示]