PR

 エルピーダメモリは,台湾ProMOS Technologies Inc.との間で,技術・資本提携に関する交渉を2008年末に開始したことを明らかにした。「(台湾DRAMメーカーの救済を示唆している)台湾政府からの支援を得ることが目的」(エルピーダ広報)である。この交渉には,エルピーダのパートナ企業である台湾Powerchip Semiconductor Corp.(PSC),および両社の合弁企業である台湾Rexchip Electronics Corp.が参加している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料