PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
バンダイの,絵画を収録した専用ソフトウエアの鑑賞に向けた電子写真立て(デジタル・フォト・フレーム)「Digital Living Gallery(デジタルリビングギャラリー)」
バンダイの,絵画を収録した専用ソフトウエアの鑑賞に向けた電子写真立て(デジタル・フォト・フレーム)「Digital Living Gallery(デジタルリビングギャラリー)」
[画像のクリックで拡大表示]

 バンダイは,絵画を収録した専用ソフトウエアの鑑賞に向けた電子写真立て(デジタル・フォト・フレーム)「Digital Living Gallery(デジタルリビングギャラリー)」を発売する(発表資料)。15型で1024×768画素の液晶画面を搭載し,フレーム部分を本物の額縁のようなデザインにした。チャネルあたり2Wのステレオ(2チャネル)・スピーカーを内蔵し,音声や動画を再生する機能を備えた。SDメモリーカードに収録した専用の「名画ソフト」を鑑賞できる。美術ファンや絵画ファンに向ける。

 外形寸法は430mm×355mm×50mmで,本体重量は約2.3kg。電源は専用ACアダプタを利用する。SD/SDHCメモリーカードやMMC,コンパクト・フラッシュ,USBメモリに格納したデータを再生できる。対応する符号化形式は静止画がJPEG,音声がMP3,動画がMPEG4。静止画の場合,最大1200万画素のデータに対応する。表示するデータが縦長のときに,フレームを縦にすると,自動で画像を縦位置に切り替えて表示する機能を備えた。画像を2/4/8/16倍に拡大できるズーム機能も備えた。

 2009年1月30日に発売する。製品には名画ソフト1本が付属する。付属する名画ソフトにより「ルノワールバージョン」と「ゴッホバージョン」の2品種がある。価格はいずれも5万2290円。名画ソフトは当初,「ルノワール」と「ゴッホ」の2種類を用意する。いずれも,日本で未公開の絵画を含む30枚の絵画を,解説の音声とBGM付きで収録した。それぞれ4980円で別売する。今後,モネやミレーなどの名画ソフトをシリーズ展開するという。また,2009年2月28日から東京上野の国立西洋美術館で開催される「ルーヴル美術館展」では,同展に対応した名画ソフトを同梱した「ルーヴル美術館バージョン」の製品を同価格で販売する予定。