PR
上から,ケーブル・モデム用データ転送ケーブル,Ethernetの「より対線」,オーディオ機器用ケーブル。
上から,ケーブル・モデム用データ転送ケーブル,Ethernetの「より対線」,オーディオ機器用ケーブル。
[画像のクリックで拡大表示]
上から,HDMI,CAT6対応Ethernet,120VAC用電力線。
上から,HDMI,CAT6対応Ethernet,120VAC用電力線。
[画像のクリックで拡大表示]
HDMIケーブルの端子
HDMIケーブルの端子
[画像のクリックで拡大表示]

 米FlatWire TV, Inc.は,「2009 International CES」で,HDMIやCAT6対応Ethernet用ケーブルなどGビット級の高速転送インタフェースを10μm厚という超薄型にした製品や試作品を出展した。

 出展したのは,家庭内で利用するほとんどの電力線や通信用ケーブルを10μm厚と超薄型にしたもの。具体的には,スピーカーや低消費電力の照明の電力ケーブル,120VACの電力ケーブル,同軸ケーブル,赤色,黄色,白色の3色の組み合わせで知られる映像・音声データ伝送用のRCA端子のケーブル,CAT6のEthernet,そしてHDMI用ケーブルである。形状は非常に薄い一方で,ケーブルの幅はどれも非常に広くなっている。

 すでに多くが出荷済みだが,HDMIは2009年2月に出荷予定,120VACの電力ケーブルは2009年第3四半期に出荷予定である。HDMIなど高速なデータ伝送を行うものでも「電波干渉などの心配はない」(同社)と主張する。