PR

 東芝は,新たな画像分析手法を用いて,世界最高水準の「高精度人物検出技術」を開発した。画像特徴を多くの人物画像から集めて,詳細な統計学習をする「輝度勾配方向共起ヒストグラム(CoHOG)」手法により,高精度な人物検出ができる。同技術は,監視カメラによる不審者チェックなどセキュリティ精度の向上に期待できるものである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料