PR

動作合成をはじめとして,抽象度の高い設計や検証が注目されている。一方で,こうした設計や検証の実施に当たり,「もう新しい言語は覚えたくない。今使っている言語をできるだけ使いたい」という声もよく聞く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料