PR

 住友化学は2009年1月15日,同社の100%子会社ある台湾Sumipex TechSheet社が台湾の聚美社からメチルメタクリル(MMA)シート事業を買収し,本格的な営業活動を開始したと発表した。Sumipex TechSheet社は,MMAシートの製造・販売事業を展開することを目的に,住友化学が2008年8月に設立した会社だ。設立当初から,MMAシート事業の買収手続きを進めていた。

 住友化学は,MMA事業を基礎化学部門の重点事業の一つと位置付けており,これまでシンガポールや韓国でMMAモノマやMMAポリマの製造設備を段階的に増強してきた。特にMMAポリマ事業の一部であるシートは,液晶ディスプレイ用光学材料や看板,照明,建材などを中心に今後も需要の増加が見込まれる。そのため同社は,日本以外ではタイにSumipex(Thailand)社を設立して対応していた。

 さらに,台湾にMMAシートの製造・販売拠点を設置することで,アジアと欧米,オセアニアを中心とする海外の顧客に対して迅速に製品を供給できる体制を構築する狙いだ。なお,今回の買収によりSumipex TechSheet社のMMAシートの年産能力は,1万tとなる。