PR

 ユニチカは,優れた耐熱性を持ちつつ,離型性と表面のぬれ性(適度な親水性)という相反する性質を両立させた,新しいタイプの離型フィルムを開発した。離型フィルムは,各種製造工程において製品の均一性や安定性,作業の円滑化,さらには輸送や保管時の汚れ/キズからの保護といった目的で幅広く使用されている。今回,開発した新離型フィルムは主に,環境対応をはじめ,技術革新が進む電子回路基板製造分野などの高付加価値分野向けに販売していく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料