PR

 牧野フライス製作所は,大型の金型の切削向けに6軸制御タイプのマシニングセンタ(MC)「MCC2013VG」を開発,2009年1月19日から販売を開始した(図1)。ワークの割り出し用に3軸,主軸の移動用に3軸を割り当てた,いわゆる「3+3軸」のMC。ワークに対する主軸の姿勢の自由度を増やすことで切削能力を高め,1回の段取りで加工を完了させる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料