PR

パシフィコ横浜で開催中の14th Asia and South Pacific Design Automation Conference(ASP-DAC 2009)は,2日目となり一般セッションが始まった(22日まで開催)。セッション2Bでは,リーク電流の新たな解析手法や最適化手法などが提案された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料