PR

 米Intel Corp.は米国時間2009年1月21日,一部施設を閉鎖するリストラ計画を明らかにした(発表資料)。世界で5000~6000人の従業員が影響を受ける見通し。同社は「生産能力を現在の市場状況に合わせるため」としている。

 具体的には,マレーシアのペナンにある組立試験施設2カ所と,フィリピンのカビテにある組立試験施設1カ所を閉鎖するほか,オレゴン州ヒルズボロにある200mmウエハー対応工場と,同じく200mmウエハー対応の「D2」工場(カリフォルニア州サンタクララ)での生産を中止する。

 今回閉鎖の対象となったのは比較的古い施設で,45nmおよび32nmプロセスによる生産能力の拡充には影響しないという。また,対象施設の従業員の一部は,同社の他の施設で採用する予定。同社は,これらの計画にただちに着手し,年末にかけて実施する。

 米メディアの報道(New York Times)によると,同社の2008年末時点の従業員数は8万4000人だが,すでに過去3年間で2万人を削減している。