PR

 ホンダは、施錠装置の不具合により「ザッツ」16万8594台の改善対策を、国土交通省に届け出た。不具合は、シフトレバーが「P」以外の位置ではキーを抜けなくする機構「キーインターロック」を制御する統合ユニットの電気回路が不適切なため、P以外でキーオフ操作を繰り返すと回路が損傷する場合があるというもの。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料