PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
展示会の会場
展示会の会場
[画像のクリックで拡大表示]

 インドのコルカタで開催中の学会と展示会「18th International Photovoltaic Science and Engineering Conference & Exhibition」には,インドの太陽電池メーカーが集結している。いずれのメーカーも生産能力を増やす計画だが,金融危機の影響で増産時期を延期するメーカーが多かった。

 ハイデラバードに拠点を置くTitan Energy Systems Ltd.は,太陽電池モジュールを製造している。現在100MWの年間生産能力を2009年末に500MWに高めるとともに,太陽電池セルの製造も始める計画である。しかし,金融危機の影響で計画よりも6カ月ほど遅れる可能性があるとした。

 Jupiter Solar Power Ltd.は,2007年設立の新しい太陽電池メーカーである。2008年11月に太陽電池セルの生産を開始する予定だったが,金融危機の影響で市場が縮小したために,操業開始を2009年2月に延期した。さらに,2010年に予定していた増産も,2011年に延期する。

この記事を英語で読む