PR

 ブリヂストンは、米国テネシー州にあるLaVergne工場において、乗用車・小型トラック用タイヤの生産を中止すると発表した。厳しい経済状況のため、2008年12月22日から従業員158人をレイオフ(一時帰休)して減産していたが、さらに状況が悪化することも見込まれるため、生産中止を決断した。今後、生産を徐々に縮小し、6月末で完全停止する予定。レイオフ中の158人を含む合計543人の従業員を3月中旬から退職させる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料