PR
みらいの「植物栽培システム GREEN ROOM グリーンルーム」
みらいの「植物栽培システム GREEN ROOM グリーンルーム」
[画像のクリックで拡大表示]
ゼットエムピーの「miuro」
ゼットエムピーの「miuro」
[画像のクリックで拡大表示]
INAXの「フォームバス」
INAXの「フォームバス」
[画像のクリックで拡大表示]
中野科学の「ステンレス酸化発色製品群」
中野科学の「ステンレス酸化発色製品群」
[画像のクリックで拡大表示]

 経済産業省と中小企業基盤整備機構は,ものづくりのための新たな価値軸として提唱している「感性価値」を紹介する「感性価値創造ミュージアム」を,東京都港区・青山のスパイラルで開催する(発表資料)。開催期日は2009年1月23~28日。

 感性価値は,経済産業省が国内産業の競争力の強化や日本の生活向上を目的として,機能や価値に加える新しいものづくりの価値として提唱しているもの。ユーザーの感性に働きかけ,感動や共感を得ることによって顕在化する価値という。これによって商品やサービスの価値を高め,それに見合う対価,商品やサービスに対するユーザーの愛着,固定的な購買層などを獲得できるとする。同省は2007年に感性価値の提案を行う「感性価値創造イニシアティブ」を策定し(発表資料),2010年度までを「感性価値創造イヤー」と定めてさまざまな施策を行っている。感性価値創造ミュージアムの開催もその取り組みの一環。

 今回の感性価値創造ミュージアムでは,日本のものづくりの感性価値を「伝統」「技術」「素材」「環境」「共創」の五つのカテゴリーに分け,これを具現化した製品を展示している。展示数は63製品。

 技術の分野では,みらいの植物工場システム「植物栽培システム GREEN ROOM グリーンルーム」(Tech-On!の関連記事)やゼットエムピーが開発したロボット技術を搭載するネットワーク接続可能な音楽プレーヤー「miuro」,INAXの「フォームバス」,中野科学の「ステンレス酸化発色製品群」などを展示している。

 miuroは,自立移動が可能な音楽プレーヤー(Tech-On!の関連記事2)。音楽に合わせて踊るような動作をしたり,人を追従したり,好きな場所に自動で移動して音楽を再生することができる。フォームバスは,温かい泡とシャワーを用いて身体を洗うことができるお風呂。温泡を使うことや寝姿勢で入ることなどから,水圧がかからずに身体的負荷が軽減され,水の使用量も通常の浴槽入浴の1/20程度に抑えられるという。中野科学のステンレス酸化発色製品群は,塗料や染料を使用せずに,光の干渉現象で発色するカラー・ステンレスを使った製品。ステンレスの表面の酸化皮膜の厚さを0.1ミクロン単位で変化させることにより,100色以上の発色を可能にしたという。着色成分を含まないため,色の部分をはがさずに他のステンレス製品と一緒にリサイクルできる。

 このほか,ヤマハのデジタル楽器「TENORI-ON」(Tech-On!の関連記事3)やトヨタ自動車の「iQ」の模型なども展示されている。