PR
テレビの国内出荷台数
テレビの国内出荷台数
[画像のクリックで拡大表示]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は,2008年通期の民生用電子機器の国内出荷金額が前年比1.9%増の2兆9633億円だったと発表した。液晶テレビとプラズマ・テレビが台数ベースで2ケタの伸びを示し,音声機器や車載機器の不振を補った。

 映像機器の2008年通期の国内出荷金額は前年比4.1%増の1兆9958億円だった。液晶テレビの出荷台数は同17.0%増の863万3000台,プラズマ・テレビは同10.8%増の107万台となった。ただし,これまで20~30%程度で推移してきた液晶テレビ出荷台数の前年比成長率が2008年10月に0.3%まで落ち込み,11月が5.5%,12月も6.2%と停滞。プラズマ・テレビは10月,11月と連続で前年割れ,12月も成長率わずか1.9%と低迷している。

 2008年2月に実質的に規格が統一された次世代DVDは,2008年通期に,再生機と録画機を合わせて前年比574.0%増の158万8000台を出荷した。2008年12月単月では,DVDレコーダの出荷台数をBlu-ray Discレコーダが大きく上回ったといい,Blu-ray Disc機器がDVD機器全体に占める出荷台数比は45%に達した。

 音声機器の2008年通期の国内出荷金額は前年比2.7%減の2104億円だった。8月から5カ月連続で前年割れとなっている。ステレオ・セットやMD機器などの市場が縮小する一方で,HDDやフラッシュ・メモリを内蔵する携帯型音楽プレーヤの年間出荷台数は前年比10.9%増の665万7000台となった。このうち約9割がフラッシュ・メモリ内蔵タイプで,同17.4%増の598万2000台を出荷している。

 車載機器の2008年通期の国内出荷金額は前年比2.2%減の7571億円となった。10月から3カ月続けて前年実績を割り込んでおり,12月の出荷金額は前年実績を25.9%下回った。カーナビの通期の出荷台数は前年比1.2%増の448万9000台で,HDD内蔵タイプに限れば同18.6%増の335万9000台である。