PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
ギガセル仕様,定格電圧/容量:24V/220Ah,外形寸法:895(L)×218(W)×350(H)mm,質量:165kg
ギガセル仕様,定格電圧/容量:24V/220Ah,外形寸法:895(L)×218(W)×350(H)mm,質量:165kg
[画像のクリックで拡大表示]

 川崎重工は,大容量ニッケル水素電池「ギガセル」で定電圧フロート充電に国内で初めて成功した。電気通信用施設における実証試験により,ギガセルが停電時のバックアップ電源として使用できることを確認した。

 同社は,KDDIの協力を得て,ギガセルをKDDIの評価用基地局に約2カ月間設置し,充放電特性の評価試験を実施。定電圧フロート充電/放電/圧力および温度評価の各試験において問題がないことを確認した。従来のバックアップ電源の鉛蓄電池に対して体積比で50%,質量比で30%低減できる。これにより,ギガセルは,同種の電気通信用施設のほか,情報/金融/病院などさまざまな分野において活用が期待できる。

 ギガセルは,大容量/高効率の充放電の機能を持つ蓄電池で,鉛/カドミウムのような有害物質を使用しない,分解が容易でリサイクル性に優れるなど安全な次世代蓄電池として期待されている(Tech-On!関連記事1同2「日経ものづくり」2008年3月号の関連記事 )。

この記事を英語で読む