PR

 米Texas Instruments, Inc.(TI)は米国時間2009年1月26日,2008年第4四半期(10月~12月)の決算を発表した(発表資料)。売上高は24億9100万米ドルで前年同期と比べ30%減少。純利益は1億700万米ドル(1株当たり利益は0.08米ドル)で同86%の大幅減益となった。

 同社はまた,不況による需要低迷が続いていることから,12%の人員削減計画も明らかにした。1800人を解雇するほか,1600人の自主退職者を募る。この費用は約3億米ドルにのぼる見通し。この計画は2009年第3四半期(7月~9月)に完了する予定で,2008年10月に発表したリストラ計画と合わせて,年間7億米ドルのコスト節減を実現できるとしている。

 第4四半期の売上高を事業別で見ると,アナログ部門は10億1500万米ドル(前年同期比22%減),組み込みプロセシング部門は3億4000万米ドル(同21%減),ワイヤレス部門は6億4600万米ドル(同42%減),その他部門は4億9000万米ドル(同30%減)だった。

 2008年通期の総売上高は125億100万米ドルで前年同期と比べ10%減少した。純利益は19億2000万米ドル(1株当たり利益は1.45米ドル)で同27%落ち込んだ。

 今後の見通しとしては,2009年第1四半期(1月~3月)の売上高を16億2000万~21億2000万米ドル,1株当たり利益を-0.11米ドル~+0.03米ドルと予測している。