SystemCユーザ・フォーラムの様子 ルネサスの浅野氏が講演中である。日経BPが撮影。
SystemCユーザ・フォーラムの様子 ルネサスの浅野氏が講演中である。日経BPが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 毎年恒例のSystemCユーザ・フォーラムが,2009年1月23日の午前にパシフィコ横浜において「EDS Fair 2009」に併催される形で行われた。OSCI,JEITA SystemCワーキング・グループ,STARC,SystemCユーザーという,さまざまな立場の講演者が登壇した。なお例年通り,100名を超える入場者があった。

 最初にOSCI(Open SystemC Initiative)の役員であるStan Krolikoski氏(米Cadence Design Systems, Inc.)が登壇した。同氏は,2008年にOSCIが設立10年目を迎えた節目の年だったことや,TLM(transaction level modeling)2.0の正式版やAMS(analog mixed signal)のドラフト仕様をリリースしたことを報告した。

 そして,TLM2.0に関しては,現在LRM(language reference manual)を執筆中であり,本年中にはリリースするとした。その後でIEEEに移管されて,IEEE標準化の審議に入る,と同氏は述べた。が,その具体的時期については明言されなかったのは残念だった。

 さらにKrolikoski氏は,「最近リリースしたAMS仕様のドラフトに対するフィードバックを募集している」ことや,「合成サブセット・ワーキング・グループから2009年第1四半期中に次のドラフトがリリースされる予定である」こと,また,「新たに,CCI(Configuration, Control, and Inspection)ワーキング・グループ(WG)が設立された」ことを紹介した。CCI WGは,SystemCで記述したモデルの内部をEDAツールがアクセスする際の標準APIを定める。

 続いて,JEITA SystemC WGから清水氏(OKIセミコンダクタ)が登壇し,同WGの活動を紹介した。2008年に同WGは「SystemC推奨設計メソドロジ」の合成編を公開している。2009年夏には,設計メソドロジ全般を公開予定であり,今回のフォーラムでは,その概要を紹介した。

 また,先日公開されたTLM 2.0に関する補足説明として,比較的難解なプロトコル拡張について,例を用いて解説した。配布資料には,より詳細な解説や「TLM 2.0Glossary(用語集)」の日本語版も添付されており,OSCI提供の資料を読む際に使える。清水氏の講演に対する質疑応答では,「無視できない拡張」を使用した際のエラー・メッセージの出方について質問が出た。現状では特別なエラー・メッセージは出ないため,ログ・ファイルを注意深く見なければいけない点は変らないようだ。

 3番目には,半導体理工学研究センター(STARC)の吉永 和弘氏が登壇した。TLモデリングの概要とその必要性,そして公開されたばかりのTLモデリングガイドライン第2版を紹介した(Tech-On!関連記事)。この第2版は,OSCIのTLM 2.0に完全準拠しており,これを用いることで設計の容易化や再利用性が高まることが期待される。旧版からの変更点も解説されており,スムーズな移行が可能であるという。TLモデリングガイドは,STARCの( WWWサイト)から無償ダウンロードできる。また有償で書籍を購入することも可能である。

SystemCのユーザー事例が2件

 フォーラムの後半では,SystemCのユーザー事例の講演が2件あった。まず,ルネサステクノロジの浅野哲也氏が,SystemC記述を用いた高位設計環境を紹介した。同社における高位設計環境の狙いと構成,そして画像処理IPコア開発への適用事例,および得られた結果を説明した。

 同社は,SystemC関連のEDAツールとして,記述チェッカ,シミュレータ,動作合成,等価検証ツールを適用した。これらのEDAツールは,いずれも実用レベルに達していた,という。講演後の質疑応答では,「動作合成を適用するか否かの判断をどこですべきか」が議論になった。ただし,現状では決め手がないようである。

 フォーラムの最後を締めくくったのは,エッチ・ディー・ラボの長谷川裕恭氏である。同社で実際に行われている,SystemCを用いた大規模回路設計について紹介した。同氏は,的確な階層化を行い,段階的に詳細化することで動作合成結果と,SystemCの混在や既存のRTL設計との混在シミュレーションが可能であること,またTLM 2.0によるシステム・シミュレーションも実施していることなどを説明した。さらに,設計や検証の負担を軽くするために,インタフェース仕様は一本化すべきである,と同氏は述べた。