PR

米Gartnerは米国時間2009年1月28日,マイクロプロセサのチップ当たりのプロセサ数が倍増していくにつれ,現行のソフトウエアではそれらのプロセサ能力を十分に引き出せなくなる可能性が高まると警告した。また企業は,ソフトウエアが最新プロセサの能力を引き出せるように,新しいバージョンやOSへの性急な移行を余儀なくされるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料