PR
表◎新日本製鉄の高炉の概要
表◎新日本製鉄の高炉の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 新日本製鉄は,大幅な鉄鋼需要の減少に対応するため,過去に例を見ない規模での高炉出銑比引き下げや休風時間延長などの減産対策を行う。併せて,高炉の改修に伴う操業停止も実施する。

 大分製鉄所第1高炉では,改修時期を当初予定から約1か月前倒し,2009年2月1日から操業休止とする。君津製鉄所第2高炉では,2009年2月下旬~3月上旬をメドにスタンバイ状態の休止とする。君津/名古屋/八幡/大分の各製鉄所のコークス炉の一部は,国内外の鉄鋼需要動向の変化に迅速に対応できるよう炉の熱を維持しつつ停止する。高炉の稼働/休止予定は別表の通り。