PR
Adobe Systems社CTOのKevin Lynch氏
Adobe Systems社CTOのKevin Lynch氏
[画像のクリックで拡大表示]
Flashを利用したシンセサイザー。Webブラウザーで動作している
Flashを利用したシンセサイザー。Webブラウザーで動作している
[画像のクリックで拡大表示]
AIRを利用したNews Reader。MIDでも同じ利用体験ができる
AIRを利用したNews Reader。MIDでも同じ利用体験ができる
[画像のクリックで拡大表示]
Adobe Wave。複数のSNSを統合して利用できる
Adobe Wave。複数のSNSを統合して利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 アドビシステムズは2009年1月29日に開発者向け会議「Adobe MAX Japan 2009」を開催した。基調講演では米国本社でCTOのKevin Lynch氏が登場し,コンテンツ開発を巡る動向について語った。同氏は(1)Client+Cloud,(2)Social Computing,(3)Device+Desktop,という三つの変化を挙げ,「コンテンツ開発にはこれら三つの要素を考慮する必要がある」(Lynch氏)。

 具体的には(1)に関し,最新の「Flash Player 10」を紹介し,「サーバー一辺倒ではなく,クライアントと処理を適切に分散させることが重要。最新のFlash Player 10を使えば,文字列表示の処理や3次元グラフィックスなど,表示に関連する多くの処理を担当できる」(Lynch氏)。Flash Player 10はパソコン用のソフトウエアが登場して2カ月で,およそ55%に普及したという。

 スタンドアロンで動作するプログラムの実行環境「AIR」を利用したアプリケーション・ソフトウエアとしては,米NY Times紙の「News Reader」を紹介し,パソコンだけでなくMID(mobile internet devices)でも同じ操作体験が可能であることを示した。

 (2)のSocial Computingでは「Adobe Wave」と呼ぶ新しいアプリケーション・ソフトウエアを披露。複数のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と連携して動作し,個人が利用するSNSを一つのインタフェースで統合的に利用できるものである。

 最後のDesktop+Deviceは,「異なるサイズのスクリーンを持つ複数のデバイスで,共通の体験ができ,パソコンと機器で連携利用が可能なことが重要」(Lynch氏)とした。既にインターネットを利用する機器はパソコンよりも携帯電話機の方が台数が多く,モバイル機器を前提としたコンテンツ開発が必要とした。