PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 NECエレクトロニクスは,東芝や富士通マイクロエレクトロニクスを含む「他社と業界再編についていろいろな話をしている」(コーポレートコミュニケーション部)ことを明らかにした。同社は2009年1月29日に行った決算説明会で,「現在は大幅な赤字に苦しんでいる状態。こうした状況下では,強者が弱者を救済するような再編に巻き込まれたくない。事業を成長させるための前向きな再編ならありうる」(同社 代表取締役社長の中島俊雄氏)との方針を示していた。

 富士通は,子会社の富士通マイクロエレクトロニクスについて,「他社との経営統合を検討している」(富士通 広報IR室)ことを明らかにした。同社は従来から,「半導体事業のあり方について,いろいろな角度から検討している」との見解を示していた。

 国内の半導体業界の再編については,2009年1月29日に,東芝がシステムLSI事業とディスクリート事業の分社化を検討する方針を明らかにし,動きが活発化し始めた(Tech-On!記事)。