PR

アリゾナ州立大学は米国時間2009年1月29日,曲げられるディスプレイを研究している同大学のFlexible Display Centerに対する5000万ドルの追加資金援助契約を米陸軍と結んだと発表した。契約期間は5年間。2004年にも同様の契約を締結しており,これで米陸軍からの資金援助は合計1億ドルとなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料