PR
DMC-FX40
DMC-FX40
[画像のクリックで拡大表示]
DMC-FX550
DMC-FX550
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは,登録した人物の顔に優先的にピントや露出を合わせる機能を持つコンパクト・デジタル・カメラ「DMC-FX40」と「DMC-FX550」を発表した(DMC-FX40の発表資料DMC-FX550の発表資料)。「LUMIX」シリーズの新機種として,2009年2月20日に発売する。DMC-FX40は薄型の機種,DMC-FX550はタッチ・パネルを搭載した機種である。価格はオープン。

 被写体の情報から,最適な撮影モードを自動的に判別する「おまかせiA(インテリジェント・オート)モード」(Tech-On!の関連記事)に,登録した人の顔を見つけて優先的にピントと露出を自動で合わせる「個人認識」機能を搭載した。集合写真や人通りの多いところなどで撮影する際に,登録した人に優先的にピントを合わせられる。撮影前にあらかじめ人物を登録できるが,写真を複数枚撮影した時に何度も同じ人を撮影すると,カメラがその人物を認識して登録を促す機能も持つ。さらに登録した人物は名前や年齢も入力で可能。3歳未満の年齢を自動的に赤ちゃんと判定するため,撮影時には赤ちゃんの撮影モードに自動的に切り替わる。この赤ちゃん撮影モードに,おまかせiAモードによる(1)人物,(2)風景,(3)マクロ(接写),(4)夜景と人物,(5)動き(移動物)の五つのシーンを合わせて,合計六つの撮影シーンを自動認識して切り替える。

 さらに,指定した被写体に自動でピントや露出を合わせる機能や,暗い室内の撮影において,画面全体から暗い部分のみを明るく自動補正する機能,全自動の逆光補正機能も持つ。

  DMC-FX40,DMC-FX550ともに有効画素数は1210万画素。撮像素子は1/2.33型のCCD。光学5倍のズーム・レンズを搭載。焦点距離は35mm判換算で25~125mmである。デジタルズームは最大4倍。ISO感度は通常モードで1600まで,高感度モードで6400まで。光学式の手ブレ補正機能を持つ。

 DMC-FX40は2.5型のTFT液晶パネル,DMC-FX550は,タッチ・パネル機能の付いた3.0型TFT液晶パネルを搭載する。記録媒体として内蔵メモリのほか,SDHCメモリーカード,SDメモリーカード,マルチメディアカードに対応する。

 突起部を除いた外形寸法はDMC-FX40が95.3mm×52.9mm×21.5mm,DMC-FX550が94.9mm×57.1mm×21.9mm。本体の重さはDMC-FX40が約128g,DMC-FX550が約145g。