PR

 ドイツKolbenschmidt Pierburg(KSPG)社の子会社であるKS Kolbenschmidt社と、旭テックの子会社であるMetaldyne社は、ピストン部品の研究・開発・販売について提携することで合意したと発表した。この提携により、高性能・軽量・低摩擦のピストンシステムを開発する。

 KSPG社は、ガソリンエンジンのピストンにおいて世界で21%のシェアを持つ。Metaldyne社は、粉末治金を用いた鍛造コネクティングロッドのメーカーで、年間4000万本を製造している。

 市場は、将来のCO2排出量規制に適合し、より燃費効率が優れたモデルを望むように変わってきた。今回の提携では、変化する市場に素早く対応する部品供給を支援するために、次世代技術の提供を目指す。