PR
auブランドの2009年春モデルの12機種。「生活に溶け込むケータイ」がコンセプト
auブランドの2009年春モデルの12機種。「生活に溶け込むケータイ」がコンセプト
[画像のクリックで拡大表示]
発表会には,auのテレビCMに出演中の仲間由紀恵さんが登場
発表会には,auのテレビCMに出演中の仲間由紀恵さんが登場
[画像のクリックで拡大表示]
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Walkman Phone Premier<sup>3</sup>」は,「Walkman」と同じ高音質技術を搭載
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Walkman Phone Premier<sup>3</sup>」は,「Walkman」と同じ高音質技術を搭載
[画像のクリックで拡大表示]
簡単なキー操作で3D映像を楽しめる,日立製作所製の「Woooケータイ H001」
簡単なキー操作で3D映像を楽しめる,日立製作所製の「Woooケータイ H001」
[画像のクリックで拡大表示]
ソニー製の808万画素のCMOSセンサ「Exmor」を採用した「Cyber-shotケータイ S001」
ソニー製の808万画素のCMOSセンサ「Exmor」を採用した「Cyber-shotケータイ S001」
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは2009年1月29日,auブランドの2009年春モデルとなる携帯電話機12機種を発表した(KDDIの新製品サイト)。同社 代表取締役社長兼会長の小野寺正氏は「ICT(Information and Communication Technology)が自然に生活に溶け込む“アンビエント・ライフ”をKDDIは目指す」とし,今回の新製品は「生活に溶け込むケータイ」だと言う。携帯電話機が溶け込む生活シーンとして「音楽」「映像」「スポーツ」の三つを想定し,それぞれに特色のある製品を揃えたとする。2009年1月31日より順次発売する予定。

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Walkman Phone Premier3」(ウォークマンフォンプレミアキューブと読む)は,ソニーのWalkmanと同じ高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を搭載し,CD並みの高音質サウンドを楽しめるという。CDプレーヤーなどを直接ケーブルでつないで音楽を取り込む「ダイレクト・エンコーディング録音」も可能。

 音楽を聞くだけでなく演奏する楽しみを味わえるのがカシオの「CA001」。ヤマハが開発した楽器エンジン「Mofiano」を利用して,タッチやシェイクといった操作でピアノやギターなどの演奏ができる「Touch Session」を搭載した。

 日立製作所製の「Woooケータイ H001」は,画素数が480×854(フルワイドVGA)のIPS方式液晶パネル(3.1型)を搭載し,3D(3次元)映像を表示できるのが特徴。「3Dキー」を押すことで,ワンセグの映像やゲーム,写真などを容易に3D表示できる。視差バリアを使って左右の目に異なる映像を見せることで立体視を可能にしているが,視差数などの詳細は不明。3D画像を楽しむためには,画面を正面から見なければならない。

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Cyber-shotケータイ S001」はカメラ機能に特色を持つ。撮像素子として,ソニー製の808万画素のCMOSセンサ「Exmor」を採用し,露出やホワイトバランスを自動調整する「おまかせシーン認識」やソニーの笑顔検出技術「スマイルシャッター」など,デジタル・カメラと同等の機能を搭載する。メイン・ディスプレイには,今回のラインナップでは最大となる3.3型の有機ELパネルを採用。笑顔検出機能を応用して撮影した写真を「人物」「笑顔」「子供」に自動分類し,表示する機能を持つ。

 このほかに,最大1536パターンのデザインに変更できる「フルチェンケータイ T001」(東芝製)や有効画素数800万のCCDカメラを備える「SH001」(シャープ製),パナソニック モバイルコミュニケーションズ製としては初めて3.1型フルワイドVGAの有機ELパネルを搭載した「P001」も追加した。

 高機能機のラインナップを強化する一方で同社は,新たに「NEW STANDARD」と呼ぶブランドで,機能を限定し価格を抑えたエントリー・モデルの製品を用意した。「ベルトのついたケータイ NS01」(京セラ製)と「ケースのようなケータイ NS02」(韓国Pantech&Curitel社製)の2種類がある。昨今の携帯電話市場の冷え込みから,より購入しやすいエントリー機の層を厚くした。また,子供が利用することを想定し,移動経路通知機能や「安心ナビ」機能に対応した「安心ジュニアケータイ K001」(京セラ製)も用意した。

 これら10機種に,すでに発表済みの法人向け2製品「E30HT」と「E05SH」を加えた12機種が2009年春モデルとして発売される。E30HTは,台湾HTC製のWindows Mobile搭載機「Touch Pro」。一方のE05SHはシャープ製で,SDIO規格の拡張スロットに無線LANカードなどを挿入できるのが特徴。

この記事を英語で読む