PR

 住友ゴムグループのSRIハイブリッド(本社神戸市)と住友林業は,高剛性/高減衰ゴムで地震エネルギの吸収効率を高める耐力壁「地震エネルギー吸収パネル」を共同開発した。ゴムを使用したパネルとして国土交通大臣認定を取得し,かつ壁倍率で(基準とする壁の何倍の強さがあるかを示す指標)5.0実現するのは,日本で初めてである。

 同パネルは,建物変形量を最大で約70%低減でき,巨大地震時でも柱/はりなどの主要構造部材の損傷を軽減できる。加えて,高剛性/高減衰ゴムの変形によるエネルギ吸収でパネル自身の損傷を抑えることから,日常的に発生する中小地震だけでなく,巨大地震後に発生する余震に対しても,有効に作用し続ける。

 住友林業は,「住友林業の家」に同パネルを採用することで,基本的な耐震性能のさらなる向上を図る。また,定期的なメンテナンスが不要で長期にわたって地震による建物の損傷を最小限にとどめられることから,建物の価値/資産性を長期にわたり維持できると考えている。