PR

 東芝グループのジオスチーム(本社北九州市)は,PCB汚染土壌浄化の処理事業の規模を2009年2月2日から拡大する。

 ジオスチームの同理能力は,従来0.3t/hの規模だったが,PCB土壌汚染を2t/h規模で処理する施設の実証実験が2008年10月に完了した。これを受けて同社は,同施設の本格的な商用運転に移行する。施設全体の処理能力は1万1000t/年の規模となり,国内最大のPCB汚染土壌処理施設となる。

 近年,全国各地でPCBなどの土壌汚染が顕在化し,浄化を必要とする汚染土壌量は推定で100万tとも言われるなか,安全で浄化性能が優れた処理施設が求められている。東芝は,PCB汚染土壌の浄化技術として独自の「ジオスチーム法」を開発した。ジオスチーム法は,土壌を加熱し汚染物を蒸発させる方式。土壌からPCBなどの汚染物を除去する工程と,土壌から蒸発させた汚染物質を水蒸気で分解することによって無害化するという工程の,二つで構成される。溶剤や薬品を使用しないで汚染物を除去/分解することが可能で,装置外へ汚染物が排出されることはない。2008年6月に,東芝グループ会社のテルム(本社川崎市)と鴻池組は,ジオスチームを設立してPCB汚染土壌処理事業を推進していた(Tech-On!関連記事)。

 ジオスチームは,汚染土壌処理能力を従来の6倍以上に増強し,大量の汚染土壌を迅速に無害化したいという市場のニーズに対応,2010年度の同事業の売上高を数十億円に拡大することを狙う。なお,2009年2月5~6日に開催される「第18回東芝グループ環境展」で同活動を紹介する。