PR

 造船業界が置かれている状況は,品質を維持しなければならない一方で,今後は熟練者に頼れなくなる,というものだ。造船工業会によれば,全従業員数約4万4000人の約半分が 50歳以上。10年後を考えると約2万人を新規に雇用する必要があるが,厳しい韓国・中国の追い上げの中で,若い労働力だけで今まで以上の品質を確保しながら効率を上げていかなければならない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料