PR

 三菱重工業は、シャフトなど円筒形の部品を加工する円筒研削盤の新製品「PD23」を開発、2009年2月5日から販売を開始する。自動車の駆動系小型部品やエアコンのコンプレッサ部品、油圧ピストン関連部品などでの普及を見込む。機械部品が小型化する傾向を踏まえ、手のひらに乗る寸法の小物ワークに対応する。作業が楽にできるよう、心高(床面からワーク加工中心までの高さ)を1mに抑え、機械自体も小型化した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料