PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
アカデミーヒルズ六本木ライブラリー内の実験の様子
アカデミーヒルズ六本木ライブラリー内の実験の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 慶應義塾大学 経済学部 武山研究室と森ビル アカデミーヒルズ事業部,ソフトバンクテレコム,エイビットは,微弱電波を使ったワンセグ放送を利用して,サークルなどのコミュニティの情報発信を行う共同実験を開始したと発表した(発表資料)。慶應義塾大学 経済学部 武山研究室の研究の一環として実施する。

 今回実験を行うのは,森ビルが運営する会員制図書館「アカデミーヒルズ六本木ライブラリー」。アカデミーヒルズ六本木ライブラリーの会員が参加するサークルが,それぞれの活動や推薦図書を紹介する動画像やデータ放送を作成し,それを微弱電波を使った小型ワンセグ送信機で発信する。この送信機は,アカデミーヒルズ六本木ライブラリーの書棚に設置される。ユーザーがこの送信機に自分のワンセグ対応携帯端末を近づけると,地上デジタル放送を受信するのと同じ操作で動画像やデータ放送を視聴できるという。ワンセグ対応携帯端末の録画機能で,受信したコンテンツの録画も可能。さらに,受信したデータ放送から簡単な操作を行うことで,関連Webサイトの閲覧や指定アドレスへのメール送信なども行える。アカデミーヒルズ六本木ライブラリーの会員が他の会員を知るきっかけとなり,コンテンツに興味を持った人々がコミュニケーションを広げることを狙っているという。

 実験期間は2009年1月19日~2月14日。小型ワンセグ送信機を5台,実験展示用のワンセグ対応携帯端末として,ソフトバンクモバイルの端末を3台使用する。配信するのは9種のサークルが用意するコンテンツ。実験機材とコンテンツ編集ツールは,ソフトバンクテレコムとエイビットが提供する。

この記事を英語で読む

専用の小型ワンセグ送信機でコンテンツを配信
専用の小型ワンセグ送信機でコンテンツを配信
[画像のクリックで拡大表示]
実験の概要
実験の概要
[画像のクリックで拡大表示]