PR
健康データの収集・登録の流れ
健康データの収集・登録の流れ
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTとNTT西日本は,沖縄県座間味村を対象地域として,「アクティブ・タグ」を活用したヘルスケア・プロジェクトの実証実験を開始すると発表した(発表資料)。この実証実験は,総務省のユビキタス特区事業「アクティブ・タグを活用したユビキタスヘルスケア」プロジェクトの一環。アクティブ・タグは,電池を内蔵し,数十m程度の長距離交信が可能な無線タグである。

 同プロジェクトは,特定保健指導の対象になった人などを対象に,日々の健康データの測定の負担を軽減することを狙ったもの。特定保健指導で,「積極的支援」の対象となった人は,6カ月間生活習慣を改善するための保健指導を受ける。その際,血圧や体重などのデータを毎日計測し,手書きやパソコンなどで記録することが求められるが,この負荷を軽減するためにアクティブ・タグの導入を検討しているという。

 今回の実験では,アクティブ・タグを内蔵した歩数計を座間味村の住人に配布し,歩数データなど毎日計測する健康情報を,アクティブ・タグによる自動転送で収集する。収集したデータは,ネットワークを介して「ユビキタスヘルスケアサポート基盤」に送り,蓄積・管理する。ヘルスケア・サポート基盤へのアクティブ・タグの適用可能性や,高齢者などパソコンの扱いに不慣れな人の負担軽減の有効性を検証するほか,コミュニティでのデータ登録および収集の有効性を検証する。

 アクティブ・タグからデータを収集するため,座間味村の役場や公民館,診療所など10カ所にゲートを設置する。それぞれのデータは,歩数計を携帯してゲート付近を通過するだけで,歩数計に内蔵されたアクティブ・タグからリーダーに転送され,ネットワークを介してデータベースに登録される。実験期間は2009年2月3日~3月31日。対象者は座間味村の住人約100人。

 NTTは,ユビキタスヘルスケアサポート基盤および保健指導管理システムの技術検証や運用性の評価を,NTT西日本はアクティブ・タグ・リーダーからデータ・ベースにデータを伝送するネットワークの構築や実証実験の運用,事務局の運営,ネットワークを活用した新しいヘルスケア・サービスのビジネス・モデルの検証を行う。

 両社は実験の結果を報告書にまとめ,総務省に提出する。将来は,このサポート基盤を介護予防や見守りサービスなどへ活用することも想定しているという。