PR

 米Motorola, Inc.は米国時間2009年2月3日,2008年第4四半期(10月~12月)の決算を発表した(発表資料1)。売上高は前年同期比26%減の71億4000万米ドル。会計原則(GAAP)ベースの純損失は35億8000万米ドル(希薄化後の1株当たり損失は1.57米ドル)。前年同期は1億米ドルの黒字(希薄化後の1株当たり利益は0.04米ドル)だった。同社はあわせて最高財務責任者(CFO)Paul J. Liska氏の辞任も明らかにした。

 第4四半期の事業別業績は,モバイル・デバイス事業の売上高が前年同期比51%減の23億5000万米ドルで,家庭およびネットワーク・モバイル事業の売上高は同5%減の26億米ドル。企業向けモバイル・ソリューション事業は22億2000万米ドルで,同4%増加した。携帯電話機の出荷台数は前年同期比53%減の1920万台だった。

 2008年通期の売上高は301億5000万米ドルで前年比18%減少。GAAPベースの純損失は41億6000万米ドル(希薄化後の1株当たり損失は1.84米ドル)で,前年同期の純損失5000万米ドル(同0.02米ドル)から大幅に赤字が拡大した。同社は昨年10月の時点で,第4四半期の業績を1株当たり利益0.02~0.04米ドル,通期については1株当たり利益0.05~0.07米ドルと予測していた(Tech-On!関連記事)。

 同社共同CEOのGreg Brown氏とSanjay Jha氏は,「現在直面している経済状況と課題を踏まえ,当社は,特にモバイル・デバイス事業において,コスト削減と財務状況改善に積極的に取り組んできた。進行中の施策により,2009年に合計約15億米ドルのコスト削減を実現できるとみている」と述べた。2009年第1四半期の業績見通しについては,諸費用を除いた1株当たり損失を0.10~0.12米ドルの範囲と予測している。

 米メディアの報道(Internetnews.com)によると,Motorolaの経営幹部は,少なくとも2010年あるいは2011年まで黒字転換は見込めないとしている。

 なお,同社は新CFOの候補者選びを既に開始。Liska氏は直ちに辞任し,現上級副社長兼コーポレート・コントローラーのEdward J. Fitzpatrick氏がCFO代理を兼務する(発表資料2)。