PR

 ミノルタは99年9月22日,業務用の一眼レフ方式デジタルカメラ「Dimage RD 3000」を発売した。150万画素のCCD2つを利用して,画像を270万画素で記録する。高価な高画素CCDを搭載しないため,レンズを除いたボディだけで36万円と低価格なことが特徴だ。発売日は99年10月21日。当初月産台数は1000台。

 Dimage RD 3000は,2分の1インチの150万画素CCDを2つ搭載する。270万画素で記録する仕組みは,まず,ハーフミラー・プリズムで画像を2分割する。次に,分割したそれぞれの画像を各CCDで読み取る。CCDが読み取った2つの画像を結合して,270万画素の画像を合成する。同社によれば,低画素CCD を利用して高画素な画像を記録する今回の方式は,世界初だという。

 ISO感度は200。シャッター速度は2000分の1~2秒。連写は毎秒1.5枚で,最大5枚まで撮影できる。記録媒体はコンパクトフラッシュ(CF)を利用する。 CFスロットはType I,同IIに対応する。パソコンとのデータ交換用にSCSIインタフェースを備える。

 交換レンズはAPS一眼レフ・カメラの「Vレンズ」が装着できる。ただし,画角の違いにより,一部のレンズは利用制限があるという。また,専用レンズ「Vレンズ17mm F3.5 RD」を2000年春に発売する予定。価格は10万円。カメラ本体に交換レンズ×4本とストロボを同こんしたパッケージ製品も用意する。

 パッケージ製品は500セット限定で,価格は49万5000円。
 ボディの大きさは幅150×奥行き117×高さ101mm。重さは約1kg(ボディのみ,バッテリーを含まず)。(加藤 慶信=ニュース編集部)

■問い合わせ先: ミノルタ お客様相談窓口 電話03-5423-7555
            ミノルタのホームページ http://www.minolta.co.jp/