PR

 パナソニック コミュニケーションズは2009年2月5日,複合機やFAXの開発拠点である宇都宮事業場(栃木県宇都宮市)と,生産拠点である新潟事業場(新潟県小千谷市)を閉鎖すると発表した(発表資料)。今回の閉鎖によって,ドキュメント事業の開発の効率化とものづくりの一元化を進め,競争力の強化を目指す。

 2009年6月末に閉鎖が完了する予定。両事業場で手掛けていた事業は,福岡事業場と佐賀事業場に統合する。従業員は,基本的に統合先の事業場へ異動させる計画という。宇都宮事業場は612人,新潟事業場は245人の従業員を抱えている。

 パナソニックは,業績の悪化を受けて事業構造改革を進めると発表していた(Tech-On!の関連記事)。