PR

 セメダインはシリコーン系のシール材「POSシールスピード」を発売した。鉄道車両や自動車車体,自動販売機,配電盤といった箱状の物の目地部や鋼板の重ね合わせ部,各種設備のダクト回りに向く。価格は, 333mLで1720円(税別)。

 従来,シール部が露出する目地などには変成シリコーン系のシール材を,シーリング後に塗装する部分にはポリウレタン系のシール材を使用していた。特に後者では,塗料との相性が比較的良いとされるノンブリード(黒ずみ,べたつきが発生しにくい)タイプのポリウレタン系シール材を使うことが多い。しかし,金属や鋼板,エンジニアリング・プラスチックなどへの接着性に劣り,塗料がはがれるケースもあった。さらにポリウレタン系には,気温が低いと硬化が遅くなり,吐出しにくくなる場合もある。

 そこで同社は,車両メーカーや塗料メーカー,住宅メーカーと共同で新技術を開発。それを採用することで,フッ素鋼板やアクリル,ポリカーボネートといった難接着材への接着性と,上に塗る塗料との密着性を高めた。硬化速度が速いため,寒冷地での冬場の作業にも対応。耐候性を高めたので,接着面の上に塗装しない用途にも使えるという。

連絡先:セメダイン接着技術相談センター
電話:0120-58-4929