PR

 家庭用ゲーム・ソフトウエアや業務用ゲーム機を手掛けるアトラス(東京都新宿区)は2009年2月6日,業務用ゲーム関連事業から撤退すると発表した。

 同社は1987年に業務用ゲーム機の仕入れ販売事業を開始,現在では自社で企画・開発・製造・販売を行っている。1995年にセガとの共同開発で製品化した「プリント倶楽部」(通称,プリクラ)は最盛期(1995~1997年)に年間1万台前後を売り上げるヒット商品となった。ところが,ブームが過ぎるとともに販売台数が急減し,近年では年間数百台程度まで落ち込んでいたという。高機能化に伴って製造コストが上昇したこと,ユーザーの利用が減って消耗品の販売量が落ち込んだことなどで,プリクラ事業は低採算化。代わってカード・ゲーム機やクレーン・ゲーム機などに注力したものの,2006年頃から原材料費高騰などにより利益率が低下した。さらに2008年度(2008年8月~2009年7月)は景気減退による市況悪化で受注が大幅に減っているという。

 同社は今後,業務用ゲーム機の開発・製造は終了し,プリクラ用のシールや,クレーン・ゲーム機「トリプルキャッチャーアイス」の景品用のアイスクリーム,カード・ゲーム機用のカードといった消耗品の販売を継続する。全社的には,家庭用ゲーム・ソフトウエア事業を軸に,同ソフトウエアに関連したキャラクター商品などのコンテンツ事業で利益を上げていく方針という。