PR

 エルピーダメモリ代表取締役社長兼CEOの坂本幸雄氏は,2月6日の決算発表の場で,台湾DRAMメーカー3社との資本提携に向けた交渉や,日本での公的支援への申請検討など,一連の報道について回答した。台湾3社との交渉については「基本的には資本提携を結びたい。DRAMでは日本と台湾が一緒になるのが理想的だと思う」と前向きな姿勢を示した。公的支援への申請については「支援のスキームが決まった段階で決めるつもりだが,大きな選択肢の一つと考えている」とした。主な質疑応答は以下の通りである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料