PR

 NEC液晶テクノロジーは,携帯機器向けの3次元(3D)テレビ放送技術を開発する欧州のプロジェクト「Mobile 3DTV Content Delivery Optimization over DVB-H System(MOBILE3DTV)」の端末の試作機に向けて,3D映像を裸眼で見られるディスプレイ・モジュールを提供する(発表資料)。提供するのは,画素数がWQVGAの3.1型カラー液晶ディスプレイ・モジュール。MOBILE3DTV端末の試作機は,2009年2月16~19日にスペインのバルセロナで開催される「Mobile World Congress 2009(MWC 2009)」で初公開される予定。

 MOBILE3DTVプロジェクトは,欧州連合(EU)の研究開発支援制度として2007年から開始された「第7次研究枠組み計画(Seventh Framework Programme of the European Community for research, technological development and demonstration activities:FP7)」における情報通信技術に関するプロジェクトの一つ。携帯機器向けの3Dテレビ放送の実現可能性を実証することを目的に,2008年から3年間の計画で進んでいる。

 MWC 2009では,MOBILE3DTV端末の試作機を使って,携帯機器向け3Dテレビ放送のリアルタイム処理による,3D動画の表示デモを行う。MOBILE3DTV端末の試作機の開発は,MOBILE3DTVプロジェクトのメンバーであるブルガリアMultimedia Solutions Ltd.が担当する。マイクロプロセサを提供するのは米Texas Instruments Inc.(TI社)である。

 なお,NECは,MOBILE3DTV端末の試作機に搭載される3Dディスプレイ・モジュールの試作機を,MWC 2009のNECブースに展示する予定である。