PR

 フラッシュ・メモリ大手の米Spansion Inc.の日本法人であるSpansion Japanは2009年2月10日,東京地方裁判所に対し,会社更生法の適用を申請した(米Spansion社の発表資料)。負債総額は741億円。福島県会津若松市にある工場などへの設備投資が負担となっていたところに,フラッシュ・メモリ市況の悪化を受け,「資金返済がうまくいかなくなった」(同社広報)という。

 会津若松市の工場については,今後も事業を継続する予定。また,今回の会社更生法適用の申請は日本法人のものであるため,「他地域への影響はないものと考えている」(同社広報)という。