PR

 米QD Vision, Inc.は,外部量子効率(EQEs:external quantum efficiencies)7%以上の量子ドットを利用した赤色LEDを開発し,輝度2万5000cd/m2以上を実現した。同社によると,この18カ月で外部量子効率が2倍向上し,発光安定性が1ケタ改善したという。照明やディスプレイへの応用に向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料