PR
「ソーラー駐輪場」イメージ図
「ソーラー駐輪場」イメージ図
[画像のクリックで拡大表示]

 三洋電機は,太陽電池や充電池活用のための実証実験として,2009年3月をメドに徳島県庁に「ソーラー駐輪場」を設置すると発表した(発表資料)。ソーラー駐輪場は,徳島県庁内の既存の駐輪場の一部に,三洋電機が開発・製造する「HIT(heterojunction with intrinsic thin layer)」構造の太陽電池パネルやLiイオン蓄電システムなどを設置し,電動ハイブリッド自転車に充電するシステム。太陽電池と蓄電システムを組み合わせることで,夜や雨の日でも商用の電源を使うことなく,電動ハイブリッド自転車を充電できるという。Liイオン蓄電システムはACコンセントを搭載するため,緊急時には非常用電源としても利用できる。

 210Wの電力を生成するHIT太陽電池パネルを3枚と,Liイオン蓄電システムを1台設置する。年間発電量は約690kWh。電動ハイブリッド自転車として,三洋電機の「eneloop bike」を3台採用する。この電動ハイブリッド自転車は,県庁の公用車として出張などに利用するという。

 三洋電機は,徳島県内にLiイオン2次電池の生産拠点を持っており,徳島県が主催する産学官連携プロジェクト「徳島県次世代エネルギー活用促進研究会」に参加している。同プロジェクトは,三洋電機のLiイオン2次電池を使った地域産業の活性化を目指すプロジェクト。

この記事を英語で読む