PR
図1 左から,ラジオ機能付きの「ICR-RS110M」,3マイク搭載の「ICR-PS503RM」と「ICR-PS501RM」,入門機の「ICR-B001M」。
図1 左から,ラジオ機能付きの「ICR-RS110M」,3マイク搭載の「ICR-PS503RM」と「ICR-PS501RM」,入門機の「ICR-B001M」。
[画像のクリックで拡大表示]
図2  ICR-PS503RMとICR-PS501RMの3マイク部分。中央の指向性モノラル・マイクは直径10mm品を採用した。左右の無指向性ステレオ・マイクは直径6mm品で上位機種のICR-PS603Rと同じものを採用する。従来の3マイク搭載品(ICR-S280RM)ではすべてマイクは直径4mm品を採用していた。
図2  ICR-PS503RMとICR-PS501RMの3マイク部分。中央の指向性モノラル・マイクは直径10mm品を採用した。左右の無指向性ステレオ・マイクは直径6mm品で上位機種のICR-PS603Rと同じものを採用する。従来の3マイク搭載品(ICR-S280RM)ではすべてマイクは直径4mm品を採用していた。
[画像のクリックで拡大表示]

 三洋電機は,ICレコーダ「DIPLY」シリーズとして4機種を2009年2月20日に発売する。3マイクを搭載した中位機種で4Gバイトのメモリを内蔵する「ICR-PS503RM」と同2Gバイトのメモリを内蔵する「ICR-PS501RM」,記録媒体にSDメモリーカードを採用した入門機「ICR-B001M」,2008年11月に発売したラジオ機能付き品から付属クレードルなどを省いた「ICR-RS110M」である(Tech-On!関連記事)。

 ICR-PS503RMとICR-PS501RMは,一つの指向性モノラル・マイクと二つの無指向性ステレオ・マイクを搭載する。従来の3マイク搭載品(ICR-S280RM)に比べて大口径のマイクを採用するなどして,マイクの性能を高めた。その結果,モノラル・マイクの感度を3倍に高め,ステレオ・マイクの背景雑音は1/3以下に抑えられたとする。同社の最上位機種「ICR-PS603RM」が好調であることから,リニアPCM方式への対応やロー・カット・フィルタ,microSDカードへのデータ保存など,ICR-PS603RMで好評な機能を搭載しつつ,本体での再生時に雑音を除去するノイズ・キャンセル機能や同社の充電池「エネループ」の充電機能などは省き,価格を抑えた。価格はオープンだが,実売想定価格はICR-PS503RMが約2万円,ICR-PS501RMが約1万5000円である。

 入門機のICR-B001Mは,記録媒体にSDメモリーカードを採用したICレコーダとしては,外形寸法が36.6mm×96mm×13.3mmと小さく,質量約51g(電池含む)と軽い。内蔵メモリやUSB接続端子を省いた。録音形式はMP3形式のみ。カセット・テープの代替や,MDやCDからのダビングに使うといった用途を想定する。オープン価格で,実売想定価格は約7000円。

 ラジオ機能付きのICR-RS110Mは,2008年に発売した「ICR-RS110MF」のICレコーダ本体を単品で販売するというもの。ICR-RS110MFは,スピーカーやアンテナ入力端子を搭載したクレードルや,外付けアンテナが付属していた。「クレードルは家族で共用するので本体だけ別売りしてほしい」といった要望に応えたという。価格はオープンで実売想定価格は約2万円とする。